即日で借りれるカードローン

初めてサラ金からお金を借りたときのこと

もうかれこれ30年以上前の話ですが今でもはっきりとそのときの事は覚えています。
あれは競馬を始めて間もない頃の事でした。
勤め先の先輩に誘われて川崎競馬に行き出した頃です。
初めは言われたとおりに少額投資をしていたのですが、いつの間にか金額が増えていったのでした。
100円券で買っていたのがそのうち1000円券にまで増えるのに、そう何日もかかりませんでした。
たまに当たってまとまったお金が入ってくるものですからつい泥沼にはまってしまったのです。
どうにも競馬が止められず軍資金欲しさにサラ金の門を叩いたのでした。
借りる前はやっぱり初めてでしたから抵抗はありました。
銀行ならいざ知らずサラ金ですから取立てのことなど恐怖心もありました。
大きな店ならあくどい事はしないだろう。
ちゃんと返していれば何も心配な事は無い、と言い聞かせる自分がそこにいました。
当たったら直ぐ返そう、などと勝手に都合よく考えてばかりいたのです。
さてその後はもうご想像の通り借りる事に何のためらいも無くなっていきました。
恐ろしいもので慣れると次から次へと自分が変わっていくのですね。
その後の返済の事をお話しますともう、本当に辛かったです。
結局は会社に訳を言って前借をし、実家からも借りて全額返済したのですが、

それまでの1年近くはタバコ銭にも事欠く有様で他人にたかるような暮らしが続いたのです。
若い年齢ですと簡単にお金を貸してくれます。
ありがたい世の中ではあるのですが私のような借り方はやっぱり良くないですね。

 

 

5万円から始まったのが100万円にまで膨らんでしまうのですから。
そんな時はレイクで増額審査を受けてみよう!